泊まれる美術館「パークホテル東京」汐留

東京

泊まれる美術館
【パークホテル東京】汐留

“日本の美意識が体感できる時空間”

アートがわからない筆者でも楽しめる空間。

身体ごとアートに突入!その先には上質な空間が広がっています。

場所は汐留メディアタワーの25階から34階に位置し、
エントランスのある地下2階、1階、そして25階から34階まで、400点以上のアート作品で溢れています。

フロントがある25階は、都内最大級、約30メートルの開放感あるアトリウム。

入口には、お茶目な”風神雷神”が出迎えてくれます。

宿泊者専用ラウンジでドリンクを飲んだり、ロビー中央アトリウムでゆったりできます。

アトリウムは、枯山水に見立てた砂柄のカーペットに、不動の置石をイメージした重厚な家具。
実はこれもアート。


日没後、大きな壁にはプロジェクションマッピングが投影されます。

またアトリウムをぐるっと囲む客室やレストランなので、圧巻の眺望が楽しめます。

ゲストルーム
★お部屋は高層階9フロアに270室あり

◇31階にはアーティストが実際にホテルに滞在しながら、客室に絵を描かれた「アーティストルーム」が32室あります。

世界で1つしかない本物の作品の中で宿泊できる貴重なお部屋。

全てのアーティストルームを制覇したいゲストや、お気に入りの部屋に何度も宿泊したいゲストも居られる人気のルーム。


★3110号室「富士山」🗻

日本画家の平良志季さんが、ホテルに滞在したり通ったりしながら、約2ヶ月間半で完成した作品のお部屋です。
ドアを開けると鳥居をイメージした赤い入り口。
天井には平良さんや平良さんが尊敬する画家の千社札が貼られています。
窓の外には東京タワーの横で、夕焼けに染まった富士山が、うっすらと臨め、ラッキーなことが起こりそうな予感。

お部屋だけでなく、浴室や洗面所にも描かれているから、部屋だけでも充分楽しめます。

メインのヘッドボードには風神・雷神を従えた富士山、反対側の壁には宝船に乗った七福神が描かれ、この空間に居るだけで 福が舞い込みそうな、非常におめでたいお部屋。

★3113号室 「禅」

この部屋に入った途端、壁がキャンパスになっでいる事を理解します。
都会の中で静静寂しじま)を感じるお部屋で書家の秋葉生白さん制作。

迫力ある書と円相。その季節の蓋が開く遊び心あふれた春夏秋冬の4つの桐箱。
お部屋で気軽に座禅にチャレンジできるよう畳が敷かれています。

このお部屋は静と動に分かれており、
壁に描かれた■などは落書きではなく、墨が飛び散ったのでもなく、全てに意味があります。

下には、新橋駅を通過、発着する列車も見え、新幹線の背中も見えます。
鉄道ファン、お子様にも嬉しいお部屋です。

鉄道

ゆりかもめが見えるお部屋もあります。

他にも様々なアーティストルームがあります。
是非HPからお気に入りのお部屋を探してくださいね!

今回宿泊のプランは
◇「ARTなおこもりステイ 季節懐石ディナー&朝食付」

HPを参考にしながら、スタッフさんにホテルの楽しみ方も
お聞きするとホテルの楽しみ方が広がるかも。

日本語のお上手な外国人スタッフさんも沢山おられます。皆さんフレンドリーで笑顔が素敵なスタッフさんです。

ディナー
【 日本料理 花山椒 】の季節懐石ディナー


彩り豊か!
お味だけでなく目でも楽しめます。

「白子の柚子釜焼き」は料理長が、作品「Transformation」からインスパイア、
柚子の風味と西京味噌を使ったソースは、日本料理ながら、グラタンのような味が楽しめる逸品。

海老やホタテにうまく絡みます。

バー
館内アートウォッチングした後は、バー「ザ ソサエティ」へ

アートとコラボしている一杯が楽しめます。


ART ✖️ Cocktail

ノンアルカクテル 『Survive』

お味は、自家製メープル酢、バタフライピー、トニックウォーターで。作品の華やかさと、土っぽさを表現。
飲みやすいノンアルカクテルです。

提供期間:~2022年2月28日(月)
料金:1,400円


後ろにあるワインセラーと思っていたのは、スコッチモルトウイスキーが入っています。

・こちらは日本初のソサエティ公認バー

・スコットランドから取り寄せているシングルモルトは約100種類。

・セラー内のボトルは、中味はすべて違うウイスキー

・ボトルは詩的な表現のタイトルが付いています。

スコッチファン、名前など気になる方はHPから見て下さいね。

朝食
★アメリカンブレックファースト
★エッグベネディクト

アートに囲まれた朝食。
筆者はエッグベネディクトを。

2種類のエッグベネディクト、

・ベーコン・オランデーズソース
・サーモン・サワークリームチーズ

サワークリームチーズとの組み合わせ最高です。

ヨーグルトフルーツも
朝食から一日の元気をチャージ!

色んな楽しみが詰まった「パークホテル東京」であなただけの楽しみを見つけてください。

この日の東京タワーは大谷翔平選手カラー、筆者は、大好きなアナハイムに思いを馳せながら、幸せな気分になりました。

アート、鉄道、眺望、が楽しめ、美味しい料理に舌鼓をうち、静かにグラスを傾ける素敵な空間をお楽しみ下さい。

🔻🔻🔻🔻🔻🔻🔻🔻🔻🔻🔻🔻
『パークホテル東京』
■東京都港区東新橋1丁目7番1号
 汐留メディアタワー(フロント25F)
■TEL : 03-6252-1111(代)
🔺🔺🔺🔺🔺🔺🔺🔺🔺🔺🔺🔺

泊まれる美術館「パークホテル東京」

コメント