この記事のチラシ見た人限定!7月16日(木)までのお得なプラン「ロテル・デュ・ラク」奥琵琶湖で癒される

グルメ

奥琵琶湖にあるラグジュアリーホテル「ロテル・デュ・ラク」
母なる琵琶湖に抱かれれ、高いホスピタリティの安らぎの空間が味わえるホテルです。
7月中旬までお得なプランがあります。

一度宿泊したら、もう虜になる、そんな素敵な「ロテル・デュ・ラク」です。

上の写真は「ロテル・デュ・ラク」近くの奥琵琶湖の風景です。自然いっぱいの中、時間はゆっくりと流れていきます。

ここから「ロテル・デュ・ラク」に入ります。
どこにホテルが?

なんと敷き地面積4万坪(東京ドーム3個分)にたった15室と贅沢な空間を持つホテルです。
せっせと歩くと、入口があります。

素敵な笑顔で迎えてくれます。

なんとチェックインは横のラウンジでシャンパンを飲みながら!!!


ここにあるドリンクは宿泊者はフリードリンクです。地ビールの長浜エールビールもあります。

家族風呂は二つあり露天風呂もあります。
部屋にも勿論ゆったりと入れるお風呂があります。アメニティグッズはフェラガモです。

奥琵琶湖の大自然の中、「3密」はほぼない空間です。
自然からの「エネルギー」と「美味しいお料理」、そして「心からのホスピタリティ」で癒される「エナジーチャージリゾート」のホテルです。

2020年2月19日発刊の美食レストランガイド「ゴ・エ・ミヨ ジャポン2020」にレストラン 「ル・ペイザージュ」が掲載されました。
「ゴ・エ・ミヨ」は「ミシュランガイド」にも匹敵する、プロの覆面調査員が実際に来館し、食事やサービスを体験した結果「格付け」し、評価されました。

ちなみに評価 3トック( ) コック帽の数で評価。満点は5トック
点数 15点/20点満点 点数による評価

オープンキッチンから運ばれる料理は、滋賀県を中心に周辺地域の食材を使用、この地域独特の「発酵食文化」を現代のフレンチにアレンジしたメニューが食べられます。「旬の食材」と「美味」にこだわりその土地を意識した料理を「テロワール発酵フレンチ」と称し提供されています。

素晴らしい料理の数々です。ワインのペアリングも楽しめます。

奥琵琶湖の朝の風景です。朝焼けと共に、懐かしい日本人の心の琴線に触れる風景が広がっています。

ホテル以外にもロッジもあります。

朝食はオーダーブッフェです。
注文を受けてから調理されるので最高の状態でいただけます。差し込む陽光が琵琶湖のきらめく湖面と共に心地よく朝の目覚めを誘い、素敵な一日の始まりにしてくれます。

目覚めのドリンクも季節のスムージーからシャンパーニュまであります。
食事は、サラダ、スープ、近江牛の逸品、地元伊吹ファームの食材、お好みの卵料理、ご飯もの、ご飯のお供、ベーカリー、デザートなど豊富なメニューからそれぞれ選べます。メニューにあるバームクーヘン豚(滋賀県にあるクラブハリエのバームクーヘンを食べて育った豚)のカツレツが入ったオリジナル朝カレーも楽しめます。

朝食のテーブルクロスは目も覚めるようなグリーン系が使われていて、ホテルを包む緑と同化しているよう。こんな気遣いも至る所で感じるホテルです。

またヘリコプターが敷地内に直接離発着することができます。ホテルまでの交通手段として、もしくは観光としてご相談下さい。

クルーザーで琵琶湖をクルージングすることも可能です。

色んなプランで楽しめます。詳しくはHPをご確認ください。

 今回のプラン(7月16日まで)はチラシを見た方限定です。

ぜひご一読くださいませ。

まさに「リトリート」の非日常の世界が味わえ「新しい生き方」を見つめ直す最良の場所です。

実際に私も宿泊した経験上、かなり素晴らしいラグジュアリーホテルを実感しています。今回のお得なプランで再訪考えております。

一度宿泊したら間違いなく、「ロテル・デュ・ラク」のファンになるでしょう。

「ロテル・デュ・ラク」

【公式】ロテル・デュ・ラク|琵琶湖に宿泊・記念日旅行なら滋賀県長浜市のホテル
ロテル・デュ・ラクは、滋賀県長浜市の奥琵琶湖に佇む湖畔のラグジュアリーホテルです。豊かな琵琶湖に抱かれ、湖国の自然に囲まれた歴史・文化に溢れたこの地に、ひっそりと佇む15室のスモールラグジュアリー。記念日旅行等の宿泊には当ホテルへ。

コメント