ミシュラン1ツ星、美味しくて雰囲気最高!祇園の隠れ家「祇園 呂色 (ぎおん ろいろ)」

グルメ

友人おすすめの京都・祇園のミシュラン1ツ星のお店、
「祇園呂色」にお伺いしました。


この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_9940-rotated.jpg です

八坂神社を南に少し下った四条通の 井澤ビル 5Fにあります。
入口にはスタッフさんがお出迎えしてくださって、ドアを開けるとお花が飾られています。黒を基調としたバックにグリーンと赤が良く映えます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_9941.jpg です

カウンター10席あります。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_9960.jpg です

中央には素晴らしい生花が生けられています。バックの黒に映えています。他に余分なものがない空間、とても上品で豪華な空気を放っています。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0079.jpg です

入口のカウンター内には「鶴爽」と名付けられ、鶴が描かれています。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_9949.jpg です

案内頂いたテーブルです。工業用計具で図り、セッティングされているそうです!
これだけでもかなりの時間がかかりますね!

ナイフ、フォーク、スプーン以外にもお箸があるのが嬉しいです(笑)
正面の装飾品は「呂」をあらわしており、栃ノ木で作られているそうです。こんなところにもお洒落心が隠れています。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_9946.jpg です

小霜オーナーシェフが本日の食材を見せてくれます。

【 DINNER 】 Menu Diner 20,000円(税・サ込)

ドリンクPairingはハーフで5,000円(税・サ込)と8,000円(税・サ込)です。
8杯8,000円とお得!こちらに。
これから登場する種類を見たらかなりお得がわかりました。

私たちの席、特等席です。なぜなら、前でシェフたちが調理される光景と良い香りが楽しめるのですから。2度美味しいですね!

そして楽しめる人数は完全予約制で、お昼10名、夜10名と限られています。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_9952.jpg です

★シードル(フランス産)
付き出しに合わせてペアリングはシードルからです。リンゴから作られたスパークリング醸造酒、とても飲みやすくて心地よい泡が、喉の奥をはじけながら潤していきます。


この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_9958.jpg です

★柑橘

付き出しは「柑橘」とネーミングされています。そのままやん(笑)と最初思ってましたが、奥深い味がガラスの器に隠されています。


この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_9963.jpg です

キーウィやかんきつ類が色々と入っています。上にはメキシコの唐辛子が振りかけられています。

甘み、苦味、酸味、塩味、うま味、 五感を感じるフレッシュフレーツから始まりました。


この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_9973.jpg です

★ドン・ペリニヨン
高級シャンパンが出てきました。ドンペリ!と呼んでますが、この日やっと、私の口にやってきてくれました。ヴィンテージワインに込められた作り手の思いが感じられる奥深い味が口の中を広がります。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_9974.jpg です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_9980.jpg です

琥珀色のドンべりの下から気持ちよさそうに泡が出ています。
口に含ませながら次の料理を待っています。
シェフたちが出来立て料理を配ってくれてます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_9978.jpg です

★ハマグリのリゾット
固めのご飯(京都府与謝野のお米)は食感を残して炊かれ、肉厚の蛤のジューシーさとコンソメの香りが高く、楽しめます。ドンペリにあうご飯ものが最初に出てくるのも驚きです。
お皿の凸凹部分にスプーンを当ててリゾットをすくえば、残すことなく、リゾットが食べられます。お皿も楽しめます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_9985.jpg です

★フランスキャビア


この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_9983.jpg です

卵黄の上にシェリービネガーなどで味付けられたクリームが入っていて、かき混ぜて食べます。プチプチキャビアとマイルドなクリームの味が上手く絡み口の中に広がります。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_9987-rotated.jpg です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_9989.jpg です

前ではシェフが次の料理のホタルイカを湯がいています。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_9990.jpg です

サンズ・オブ・ワイン GWアンスピラスィオン
オレンジワインです。オレンジの香りが広がります。白ワインの仲間だそうで、果汁だけで造ります。風味があり、魚料理に合います。
可愛いエチケット(ワインラベル)画期的って!
この絵を見ながら飲んでいたので、ジューシーで丸みのある味が口の中に広がる気がします。


この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_9993.jpg です

★ホタルイカとトマトの香りがするブリオッシュ
これは一口で食べます。ジューシーなホタルイカが口の中で広がり、トマトの香りのブリオッシュとのマリアージュ、画期的な味です。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_9996.jpg です

★オイスターリーフと海鮮
まずオイスターリーフを食べます。名前の通り、牡蠣の香りが口に広がります。このリーフはs岡山県産だそうです。リーフが牡蠣の味って驚きです。
そしてウニ(北海道)、赤貝、トマトとハマグリのジュレ、サフラン(マルセイユ)のブイヤベースです。
ガラスの器もお洒落です。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_9999.jpg です

エール・ダルジャン
ボルドーワインの頂点に君臨し続ける王者ワインだそうです。しっかりとした味わいの辛口白ワインです。ムートンが作る白ワインです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0004.jpg です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0007.jpg です

★春のアスパラガス
苦みが楽しめる本場フランスのアスパラガスです。右の赤いのはパプリカのソースです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0017.jpg です

★3種のカクテル
シャルトリューズ ヴェールはフランスを代表するハーブ系リキュールの銘酒で130種に及ぶハーブが配合されているそうです。今でもシャルトリューズ修道院の修道士2人以外その配合は誰も知らないといわれています。スパイシーでハーブの香り高いです。

ジョシィー ティーリキュール アールグレイ はアールグレイの香り高いリキュールです。これは女子に喜ばれますね。

フルーツリキュールフリークスは京都発のリキュールです。よもぎや柚子が入っています。

グラスの口には塩が付いているスノースタイルで飲むカクテルです。
ハーブが沢山入っていて、想像もつかない味でしたが、ここまで色んなお酒のペアリングをしてたので、ちょっと目先が変わった味で楽しめました。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0027.jpg です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0038.jpg です

★緑の庭
野菜の特質を見ながら揚げたり焼いたり茹でたりしています。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0043.jpg です

ホワイトバルサミコヴィネガー、ベリー、レモンのジュレなどと合えて食べます。さわやかで食感も楽しめます。


この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0033-rotated.jpg です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0047.jpg です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0048.jpg です

★魚料理(鰆)
鰆の中心がレアになるように焼き上げています。ウド、セリ、グレープフルーツ、アサリの出汁、オリーブオイルを最後に垂らしています。鰆は鳥取県で獲れたそうです。野生のセリが入っているので香り高いです。


この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0050.jpg です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0057.jpg です

★丹-ni‐
京都府京丹後市の竹野酒造で造られた日本酒です。日本酒の極、美味しいです。希少なお酒だそうです。


この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0068.jpg です

ニュイ・サン・ジョルジュ・ブラン・“キュヴェ・ラ・ジェルボット”[2009]年
瓶を出していただいた時から美味しいのに決まってる!と思っていました。柑橘系と甘い香りが漂い一口飲むと甘さとほろ苦さが同居していて、奥行きのあるふくよかさが広がっています。


この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0074.jpg です

★ウズラのフォアグラとレモングラスのコンソメスープです。
うずらには赤ワインより白ワインがあうそうです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0077-rotated.jpg です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0096.jpg です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0210.jpg です

★但馬牛の石焼 ロマネスコ添え


この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0102.jpg です

普通か少ない目か選べます。これは普通です。とても柔らかい赤身でお汁は煮詰めています。焼かれたロマネスコは香ばしくて美味しいです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0110.jpg です

★新潟県魚沼産こしひかり
炊きあがりました。隣は黒糖、醤油でキャラメリーゼされた金目鯛です。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0114.jpg です

★金目鯛の菜の花かけご飯
つやのある魚沼産コシヒカリのご飯の上に卵黄を塩漬けにして乾燥させたものが散らされ、菜の花が咲いているようです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0115.jpg です

★ダルマ正宗(達磨正宗) 五年古酒(5年古酒)長期熟成古酒 岐阜の地酒少しずつゆっくりと飲みました。舌の上に心地よく広がっていきます。甘身はあるけど、しつこくなく、最後にはドライ感さえ感じます。上手く表現できませんが、バランスのよい、それでいて奥深い味が広がります。思っていたよりもかなり飲みやすい究極の5年古酒です。


この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0134.jpg です

★デザート
大葉のグラソン(氷)です。お花のミモザをイメージしています。酸味のある苺あすかルビーが使われています。下層のクリームからすくって食べます。さわやかな風が口の中を通り抜けるようです。


この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0139-rotated.jpg です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0140.jpg です

★ディケム2013フランス ソーテルヌ 白ワイン 甘口 デザートワイン 貴腐ワイン
世界三大貴腐ワインのひとつだそうです。香り高く甘美な風味が口の中に広がります。希少価値の高いワインです。

ちなみに貴腐ワインをHPで調べると、白ワイン用品種のブドウの果皮がボトリティス・シネレア(Botrytis cinerea ) という菌(カビ)に感染することによって糖度が高まり、芳香を帯びる現象だそうです。
それを貴腐ワインにされるとはすばらしい知恵と技ですね!


この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0149.jpg です

★伊予柑
これ最高!伊予柑のメレンゲ、伊予柑の皮のせんべいみたいなのと紅茶のリキュールと併せている。甘みの中に酸味があり、食感も良くて五感で楽しめます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0154-rotated.jpg です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0159.jpg です

★ブラマンジェ
ホワイトチョコのアイスです。薄いラングドシャ、手に持つと、壊れてしまう程薄く焼かれています。模様もはいり上手く焼かれています。ブラマンジェと良く会います。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0166.jpg です

★フィナンシェ
頃合いを見てフィナンシェを焼き上げ容器に入れて持ってきてくれます。舌には砕いたナッツが敷かれています。熱々でバターの香り高く美味しいです。


この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0169.jpg です

こちらの覗き窓から見てくださっていたようです(笑)

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0174-1.jpg です

★ハーブティー
レモンバーム、ミント、レモングラスが入ったティーで入れたてをこちらも頃合いを見て持ってきてくれます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0176.jpg です

お昼と夜、それぞれ10人だけが楽しめるお料理とお酒の空間。

大満足のお料理とペアリングのお酒でした。

ミシュラン1つ星で美味しいよ~と聞いていて、ちょっと緊張してたけど、フレンドリーなスタッフさんのお陰で楽しくお酒とお食事を楽しませて頂きました。

特に、フランスとスペインの間にあるアンドラ公国出身のスタッフさんは紳士な接客をされながらも、質問したら、親切に調べて回答してくださいます。とても楽しいラテン系の方で、実はスカウトされ、祇園呂色さんでお仕事されることになったそうです。

前職がなんと、某航空機の設計者だったそうです( ゚Д゚)
人なつっこくて、美味しい料理とお酒を笑顔で倍増にしてくれる人を採用された人選も流石、ミシュラン1つ星レストランの小霜オーナーシェフの技だなあと、料理だけでなく、人選技にも感動を頂きました。
小霜オーナーシェフはじめ、的確にお酒を提供してくださったソムリエさん、沢山のシェフ、スイーツの可愛い女性シェフはじめ、ず~っとこの空間には温かい空気が流れていました。
最高のひと時をありがとうございました。


この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0178.jpg です

祇園 呂色フレンチ / 祇園四条駅京都河原町駅三条京阪駅
夜総合点★★★★ 4.2

グルメ
スポンサーリンク
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({ google_ad_client: "ca-pub-6450914694399387", enable_page_level_ads: true });
papetto100をフォローする
関西発 情報・グルメネット

コメント