ビビッドピンク~北新地の夜を楽しむ新感覚フレンチ「MAISON B」

グルメ

リビングwebでアップされました。こちらもご覧ください!(^^)!

可愛いピンクが目印♪大阪・北新地で本格フレンチをお手頃価格で「メゾンB」
<大阪発>「北新地」と言えば、ちょっと敷居が高く、お店に入ったらびっくり価格のお支払い、のイメージが...

本格フレンチをカジュアルに!
昨年11月に竹葉亭ビルにオープンした「メゾンB」

ここは竹葉亭と思っていたので、
お昼から北新地周辺に来ていたにも関わらず土壇場で迷子(;’∀’)
ここやったんか~💦お友達、ごめんなさい。
お店は「竹葉亭」があったところです。


ビビッドピンクの照明と2階の赤い花の天井が気になりますね!

2階も見せていただいたので後程ご案内します。


お邪魔します~(^^♪

入口には気軽に飲めるテーブルがあります。

お洒落なお店です。正面は鏡になっている為、奥行きが出て、お洒落が2倍が楽しめます。

北新地の夜にふさわしいシャンパンが冷えています。

オーストラリア・ヴィクトリア シャンドン ブリュット(1200円/グラス)
この日の乾杯はシャンパン!え?いつものビール違うの?
という声も聞こえてきそうですが、フランス料理のコースなので、
今日はみんなと一緒にお洒落なシャンパンから始めます。
とても飲みやすくて美味しいです。

アミューズ・ブーシュ(付きだし)
かしこまらずに気軽の食べられる突きだしと説明してくれます。

グージェール(チーズを混ぜた良い風味のシュー皮)の中に隠れんぼしているサワークリーム、 生ハム、玉ねぎが。こんなに可愛いのに、食感もよく、奥が深いお味で手の込んだ付きだし。
いきなり楽しませていただきました。

オニヒゲ(深海魚でクエの一種)のセビーチェ
深海魚には直接お目にかかりたくない、いやかかれないけど、深海魚は偶然網にかかるらしいです。オニヒゲはくえの一種だそうです。セビーチェ(マリネ)で初めて食べるオニヒゲ、食感も良く美味しいです。

備前黒牛のクロメスキ(一口サイズの洋風コロッケ)はガーリックマヨネーズで。シャンパンが進みます。

飲食店限定 プレミアムビール「ガージェリー」 850円
友達が飲んでいたビールです。国産プレミアムビールで飲食店でしか出会えないそうです。
グラスも円錐形で独り立ち(笑)できません。
邪魔くさいなあ…とつぶやいた私…、
友達はお洒落と言って!!って。
確かにお洒落です。

ビール好きな私ですが、暴飲暴食が続いていたので、アルコールを控えた日でした。
次回は呑むぞ!ガージェリー!!

3種類のガージェリーがありました。美味しそう~。

前菜
◇穴子のコンフィ 春の野菜と一緒に 

肉厚の穴子、そしてカレー粉の香りが野菜と穴子を上手くとり持っています。豆アスパラや 枝豆も食感も良く穴子が香ばしく柔らかいです。穴子がこんなに美味しいと思ったのは初めてです。

バケット
テーブルに置かれていたおしゃれな白い器、やっとわかりました。パンの席でした(*^^*)
サクッと焼かれたバケット、お皿に残ったソースをつけて頂きました。

前菜  フォアグラのテリーヌ ベリーとブドウ
赤いのはワインになる前のぶどうジュースでソースを作っています。
ラズベリーやブラックベリー、フランボワーズがのっています。

ブドウの品種により赤い色も違います。写真で違い分かりますか?
かなり手の込んだ技をお持ちです。

魚  オマール海老とそのビスク
生クリームを入れ、泡立てられた濃厚な味わいのがオマール海老のスープです。
レンズ豆やホタテ、タコ、キャベツや根キャベツの葉(新芽 )、オマール海老がうまくスープと絡みます。小さく切られたタコの食感も心地よい歯ごたえが味わえます。

魚  黒メバルのポワレ 柑橘のプールブラン 
春が来たような一皿です。菜の花、せとか、オニオン、そしてかぶとフィンガーライムをのせて黒メバルのポワレを頂きました。
立っているのがつぼみ菜です。あぶらなの一種です。コリコリとした食感と、春が来たような蕾のような形で、自立していて可愛いです。春の息吹を感じるつぼみ菜でした。

ここでお若いイケメンシェフのご紹介です。
フランスのボルドーで4年間修行されたシェフ、本格フレンチをカジュアル食べさせてくれる仕掛人でもあります。

持っていただいているのは、
マスカットリキュール ミスティア 950円 
あまりアルコール度数の強くない、お洒落なドリンクを希望しました。

少量のトニックウォーターと割って下さいました。
2種類のベリーが4つ入っています。
若返りのハーブ、ローズマリーがさしてあります。
これだけでもお洒落~(^^♪

しかしこのお酒、実は奥深い技が隠されているのです。
最初、下は白色で上がベリーのピンク色です。
時間と共にベリーが沈み、全てピンク色になるという仕掛けです。

一杯のドリンクでこんな楽しみ方ができるなんて、流石北新地のフランス料理店です。

トニックが入っているので、滑らかになりすぎず、
ほんの少し苦みも出てとても美味しいです。
暴飲暴食で疲れていた胃には嬉しい一杯です。

口直し  ライチとレモンのグラニテ
お口の中にさわやかな風が通り抜けていきました。さっぱりとしていてお口直しにはピッタリです。

肉  備前黒牛クラシタとマルの組み合わせ 
濃厚なお肉の旨みが詰まっています。とろけるような食感が楽しめます。付け合わせの
姫人参やアワビ茸、インカの目覚め、ルビーノーザン、ミニチンゲン菜 カラシ菜がそれぞれの食感を残し、また濃厚な赤ワインソース、ジュソース(フランス語で肉汁)で、人参ピューレと絡めて食べるとそれぞれの味が生きてきます。 

デザート  金柑のコンポート チョコレートムース 
チョコレートムースには少しの塩が入り、塩が口の中で、ゆっくりとチョコレートの甘さを優しく引き出してくれます。普通にチョコレートだけを食べるより、2段階で楽しめ、奥深い美味しさが広がります。また金柑の泡立てソース、ローズマリーのアイス、ヘーゼルナッツのキャラメリーゼなど、食感も楽しめます。この組み合わせはこれは癖になります。全て自家製と言うのも素晴らしいです。 

ミルクティ
コーヒーか紅茶を選びます。

デザート
◇ ルビー生チョコレート(フランボワーズ)
 
柔らかくて口の中で蕩けます。ビビッドピンクの店内にも似合うルビーチョコレートです。
◇マカロン
◇フィナンシェ 
◇ココナッツクッキー


どれも手作りで、〆にふさわしいデザートです。使用されている良質の素材が生きていて、デザートまで別腹で楽しめます。
ご馳走様でした。

外から気になっていた2階のバラの部屋を見せて頂きます。

ゴージャスですね!

個室は大型スクリーンとカラオケもついています。

近々オープンです。

2階に通じる階段の壁もお洒落です。

マネージャー(左)シェフ(右)ありがとうございました。
本日頂いたのは「グランメゾン(9000円)」のコースです。

非日常空間で気軽に頂く、本格的なフランス料理、
北新地と言う場所柄、粋なお客様も杯を交らわせておられました。

どの料理も、手間がかけられ、素晴らしいフランス料理でした。
ご馳走様でした。

MAISON Bフレンチ / 大江橋駅北新地駅東梅田駅
夜総合点★★★☆☆ 3.9

Maison B | 本格フレンチをもっと身近に
Maison Bは大阪府北新地にオープンした本格フレンチを身近にお楽しみいただけるレストランです。備前黒牛を使うなど素材も調理もこだわりのメニューばかりですが、コース料理も5000円~(+税)とお手頃なお値段。気取らず飾らないフランス料理をご堪能ください。

コメント