「奈良の寝倒れ」、そして雄はハーレム…(;^_^A 奈良のシカ

正倉院展途上、まずは興福寺へ。
          こちらでは10個もの御朱印がいただけます(;'∀')
           この二つは外国人がよく貰われるそうです。
           
           私はこちらの3つを頂きました。
等身大のご本尊ポスターです。
後の5つは北側でいただけますが、
次回、ゆっくりとすべての御朱印を頂きたいと思います。
先に正倉院展へ行きます。
途中、今年シカとの遭遇率はかなり高くてびっくりです(;'∀')
殆ど雌で雄は半分以下だそうで、
モテモテ!でハーレム状態だそうです(*_*;
           鹿せんべい~。
           誰か買って~♬ 待ってます(笑)
            子鹿がお乳飲んでます(*^-^*)可愛い~!
  沢山の外国人の方、鹿せんべい買ってました。
 
      

奈良公園内に生息する鹿は、春日大社の神使として古くから神聖視され、
人に馴れてはいるが、飼育動物ではなく野生動物であり、
「奈良のシカ」の名称で国の天然記念物に指定されています。
         
その為、奈良公園の鹿は古くから手厚く保護されており、
不慮の事故も含め、殺めると厳しい刑罰を受けたそうです。

「奈良の寝倒れ」という言葉があり、

店前でシカが死んでいると、

鹿殺しの嫌疑がかけられる恐れがあり、

こっそり隣の店の前に動かし、

次々みんなそうやって自分の店の前から隣へと動かしていき、

最後に寝坊で有名な男の店前に置かれた。

その結果、その寝坊の男性は死罪となり、

それ以来、奈良の商家はどこも朝が早いという。
 (WikipediaとHPより)
笑いごとでは済まないような鹿にまつわる色んな逸話があるので、
神の使者、奈良の鹿とは上手く共存しなければなりませんね。
         
なんせ飼い主いませんから(笑)

コメント