世界の機窓から~ラスベガス➡サンフランシスコ 広がる国立公園の絶景^o^

ラスベガス➡サンフランシスコから見える景色は全く違います。
航空機の短距離は窓側希望してたのですが、
ラスベガス➡サンフランシスコ間は機種が変わっていたのか、
窓側ではありませんでした…(-_-;)
朝の6時、ラスベガスのマッカラン空港発のユナイテッド航空でした。
そのため、2:45にホテルへスーパーシャトルに迎えに来て貰い
3時半過ぎには空港に到着してました。
この日は荷物の整理もあったので寝てません…。
スロットマシンともお別れです。
英語とスペイン語だらけのユナイテッド航空機内、
満席の様子だったので
座席変更希望言う元気もなく娘と仕方ないなと座ってたら、
隣の窓側にターバン巻いた紳士が座られました。

てっきりインドの方だと思ってました。
離陸すると雄大な緑の山脈が広がります。
寝ようっと!
思ったとき、隣のターバン巻いた紳士が何か言ってます。
ヒンズー語ではないなあ…。
よく聞くと英語です。
一生懸命この航空機の航路は、
アメリカの素晴らしい大自然の上を飛んでいることを
説明してくれてます。
国立公園が沢山広がっているようです。

この路線、上空から認識できるぐらいの高度で、
美しい山脈の上を飛んでいます。
緑だった山脈が雪を含んだ
それまで見たことないような壮大な美しい山脈にかわり始めます。

デスヴァレの国立公園から

雪をかぶったシェラネバダ山脈の上空を飛んでました。

隣の紳士は休暇が取れる毎に
ラスベガスに来られてるそうです。
インドの方でなく英国紳士でした。
サンフランシスコ国際空港に近づいてきました。
長~い橋も見えてきました(^^♪
窓側ではなかったのは残念でしたが、
親切なイギリス紳士と出会い、
イギリス人もターバン巻かれる事、わかりました。
素晴らしいアメリカの国立公園の山脈も見えて、
ラッキーな世界の機窓から、
ラスベガス~サンフランシスコ編でした(^^♪

コメント