悪質商法とクーリング・オフ制度、諦めないで!~消費者センター

総合火力演習から昨夜遅く帰宅しました。
その備忘録も追って記載します。
今朝は大阪パルコープ活動で消費者センターから相談員が来てくれ、
悪質商法、クーリング・オフ制度について学びました。
私も何度か消費者センターにはお世話になっております。
特に義母の買う商品についてです。
今は特養入所の義母が、
田舎で一人暮らししていた時に、色んなものを売られてました。
一人暮らし情報が出回っているなと感じました。
悪質商法と思われる物は、
消費者センターと同時に警察にも相談しました。

痴呆症と診断される前から症状があったという理由で

クーリングオフ関係なく契約解除できました。
業者も悪質商売してるのを自覚しているのでしょう。
他にも営業成績上げるために、
どこで見つけたか、化粧品のセールスレディが全く関わりない私の名前を使い、
私に請求きたことあります
会社から謝りの電話すらなしです(怒)
このCB化粧品はかなり悪質で、数年前にも別件でもありました。
消費者センターでも苦情が多く、
何故この会社がつぶれないか私は今も不思議です
今多い相談は、プロバイダー変更すれば安くなるなどの電話相談です。
うちにもかかってきます。
また来年4月電気の自由化に関してもプロバイダーのような
電話がかかってくるのでは?と消費者センターが懸念されてましたが、
既に電話があった委員も居られました…^^;
今回、クーリングオフにも色んな定義があることがわかりました。
屋根工事完了後、浄水器使用後のクーリングオフなど、
沢山の事例を挙げて詳しく説明してくれます。
もし皆さんも不本意な契約結び、
クーリングオフ期間が過ぎても、諦めないで
管轄の消費生活相談窓口に相談して下さい。

そしてドアを開けない!インターフォン越しで断る!
手ごわい地域と思わせましょう!!

私が在宅時に営業マンが来ると、
断ると同時に、マンション管理人に連絡します。
セールスお断りとマンション入り口にも大きく書いてるのに…^^;
やはりお年寄りの一人暮らしで被害にあわれた方、居られたし。

一番上の端なので管理人が直ぐに営業マンを見つけて、
マンション内をウロウロする前に退治できると感謝してくれてます(笑)
今日は、まだ夏休みの市もあり、
小学生もお母さんと一緒に聞きに来られてました。
可愛いMちゃん、絵をくれました
そしてお昼ご飯を頂き、午後から大山行ったときのまとめを
模造紙に書いたり写真を貼ったりします。

~大山に続きます~

コメント