1月★VIPを運ぶ政府専用機

航空自衛隊航空機カレンダー、
1月は空自の特別航空輸送隊政府専用機です。
航空自衛隊千歳基地に所属し、通常新千歳空港に格納されているそうです。
B747-400で現在2機運用、塗装は簡単に認識できるように赤と白が基調です。
去年の航空観閲式でお会いしました!
国賓の輸送のみならず、国際緊急援助活動、国際平和協力業務などにも活躍し、
既に世界各国200以上の寄港地にその足跡を残してきたそうです。
イラク派遣の自衛官の輸送にも使われました。
部隊は常に各地のルートや空港の最新情報を収集し、
いつでも任務に対応できるそうです。
モニターをさせていただくまでは、
てっきり日本航空が運用していると思い込んでましたが、
実は航空自衛隊だったのですね!
知らんかった~…^^;
機内は前から、
コックピット
貴賓室
夫人室
秘書官室⇒皇室関係搭乗時は女官や侍従など宮内庁関係者が使用
会議室
事務室⇒FAX,コピー、プリンター機能を持つ機器も搭載。
    外務省職員が使う事が多く、インターネットも使用できるそうです。
随行員室⇒民間機のビジネスクラス同様リクライニングのゆったりした座席
記者会見室
一般客室⇒ 取材関係、SP,外務省職員などが座るスペース 

要人を乗せて世界中を駆け巡る政府専用機、
安全確実な運行のため、色んな職種の
運航クルーが揃っているそうです。
かなりの訓練積んだ方達がその重責を全うされるのでしょうね。

テレビなどで見る、要人が政府専用機から出てこられる際に、
扉前に立っておられる制服姿の方は、
整備員だそうです

ちなみに、もう一つ要人輸送をするのは、
陸上自衛隊の第一ヘリコプター団特別輸送ヘリコプター隊があるそうです。

一度政府専用機に乗ってみたい!なんて、恐れ多い事は言いませんが、
見学してみたい!!!です<(_ _)>

自衛官募集中です!(^^)!




コメント