お祭の後~自衛隊ブースお手伝いに思う事

8/30.31の二日間にわたって行われた寝屋川まつり。
びっくりするような人出とお店、ステージ、展示…でした。
 
 
 
 

 

ボーイスカウトです。

 
自衛隊ブースでは、
お子さんから大人まで陸海空の制服試着は大好評でした。

特に小さなお子様が着用されてる姿は凛々しく、それで居てかわいらしく、
とてもよい記念になったのではと思います。
 

JKにも大人気!   モテモテのまもるくん
海上自衛隊のまもるくんが来てくれました。
右端もゆるきゃらです。名前忘れました…(^^ゞ

 
 
また間近でみる気さくな自衛隊員さん達に色んな質問もされてました。
サイン求められてた隊員さん…何書いたのやろ…
 
見るからにマッチョな隊員さんの腕にぶら下がる子供。
子供のみならず、ぶら下がるおじさん、おばさん
 
どうらんを顔に塗ってもらったり、
 
一緒に写真を撮ったり、
皆さん、とても楽しいひと時を過ごされてました。
 
昨年は土壇場で自衛隊ブース自体の出展がNGになりました。
 今年は土壇場で自衛隊車両の展示がNGとなりました。
 
消防車、パトカー、白バイはOKでしたので、
車両乗り入れが危険だから自衛隊車両がNGになったのではないとは思ってました。
 
 
 
理由は自衛隊車両は戦争を思い出す人が居るからと言うことでした
 
 

 
 
自衛隊車両は、国際平和協力活動に使われています。
まさに今は平和の為の車両です。

 思い込みで判断するのは非常に危険です。 
 
国会議員、地方議員、市役所職員、教育委員会はじめ、全公務員は、
自衛隊への体験入隊を必須科目にされたらいいと思います。
御一考願います
 
宝塚音楽学校も1989年より、毎年全員が
伊丹駐屯地で基本教練研修をうけておられるそうです。
一般企業の希望も多いそうです。
 
また寝屋川の公立小学校の修学旅行から、広島行きも消えたそうです。
平和学習大丈夫でしょうか…?
 
理不尽な時代を駆け抜けた先人たちの上に成り立つ平和を
忘れなければ良いのですが。
 
P.S.
画像追加しました。

コメント