岡山でパン作り&工場見学★石窯パン「タカキベーカリー」

今日は岡山県にある「タカキベーカリー」へ。
大阪からマイクロバスで約3時間弱です。
 
 
今回は応募者が多く抽選になったそうです
 私はパル委員でカメラ係で参加です
 
 
仕事で平日午前中開催の委員会には中々出れないけど、
他の委員の皆さん達で道中のお楽しみも色々と考えておられます。
ビンゴ、クイズ大会、ボスは車中のコープおやつ…
 
到着後、 「タカキベーカリー岡山工場」の説明があります。
石窯パンについても。
 
石窯は火で焼くのではなく、熱で焼く窯
 
赤外線の効果で素材の風味をぎゅっと封じ込め、外は香ばしく、中はもっちりと、
美味しく焼き上げます。
 
工場見学は作業工程が見渡せる場所にあります。
 
そしていよいよパン作りへ。
と言っても時間的にも生地は出来上がってます

下は24層のデニッシュです。
こちらのデニッシュペストリーは日本冷凍パン第一号です。
 
創始者がデンマークのパンを参考に作られました。
 
 
デニッシュパン焼きたて100度の時には、
杏ジャムをといたものを塗ってくれます。
ジュ~ッと音が鳴ります。
 
 
 
厳しい口調の、それでいて的確なパン師匠のご指導の下、参加者はパンの成型をしました。
 
 
 
お昼は海老とアボガドのサンドイッチと、
この師匠手作りのパンはじめ、タカキベーカリーの多種のパンを色んなトッピングでいただきます。
 
デンマーク的、オープンサンドです。
 
 
この蜂蜜は、蜂蜜独特の臭いもなく、とても美味しかったです。

 
 
左はバニラビーンズ入りのとても美味しいクリームです。
残念ながら市販されてませんが、
一人ずつ、人差し指を出して、そこに乗せて下さいました!
つまみ食いする昔のお姉さん達…
 
右は冷凍パン。
色んなお店へ出荷、そこで焼かれます。
冷凍パンの中には、マジパンが隠し味として入ってます。
 
 
 
某大手パンメーカーで使ってる添加物も、タカキベーカリーは使ってません
 
コープ商品の組合員への販売は安全なものとキチンと選択されてます。
 
コープで活躍されている主婦達の意見は鋭い視点です。
企業のご意見番に持って来い!だと思います。
 
生協出身者の主婦、日和佐信子さんも雪印メグミルクの復興に、社外取締役で今も活躍されています。
 
そんな厳しい組合員からも信頼得ている、安全安心な「タカキベーカリー」さんです。
 
 
 
 
厳しい指導して下さったパン師匠、本当はとてもお優しい方でした!
お肌つやつや65歳!
動きも機敏で若々しいです。
仕事と休憩時のメリハリも学びたいところです。

 div>

 

お土産は自分で作ったパンと、タカキベーカリー製のパンです。記念写真も

これは飾られてました。

 
バスが出発すると、社員さん達がお見送りして下さいます。
 
先ほどの65歳のパン師匠も両手を振って、
バスの行き先を追ってくれてます。
 
身体にも心にも優しい会社「タカキベーカリー」でした。
 倉敷越えてまだ西だったので、遠いイメージがあったのですが、
岡山県も日帰りで行けるのは嬉しいです!
 
下は吉備インターに居られた桃太郎さん達。
ちょっと怖い…^^;

コメント