角屋と取材の裏側

 
友達と行った角屋です。
行列が出来ています~。
 
 
 
 
おじさんが冷凍庫から氷を出して店内に運ばれてます。
 
やっと入れました~
 
友達は宇治金時350円です。このあと、アイスモナカを食べるつもりだったので、
ソフトは無しです。

はおぐらプリンソフト320円です。
流石、立て続けでカキ氷ばかり食べると、秋口なり髪の毛が抜けすぎても
心配なので氷なしです。
きっと秋は髪の毛の生え変わりの時期かも知れませんが、
加齢と共に細くなる髪の毛、心配~
 
美味しいソフト、プリン、餡子、最高です!
 

 
しかし、このあとのモナカがおなかいっぱいで食べれなくなりました。
ビールと丼も食べてきたし
モナカは諦めて、角屋を後にしました。
 
 
こちらのお店はサンケイリビングweb地域特派員で取材させていただきました。
掲載記事はこちらです。
 
私は素人のweb地域特派員ですが、
新聞社からも取材依頼が入ってるそうです。
寡黙なおじさんで、取材は断られるかなあと思ったのですが、
お聞きしたら、忙しいにも関わらず、手を動かしながら、
答えてくださいます。
 
そのときに、裏側も見せていただきました。
掲載しきれなかった画像です。
 
            これはアイスモナカのアイスを作っておられます。-17℃の世界です。
                         出来ました~!
 

 
 
アイスは勿論の事、
もなかの皮も香ばしくてとても美味しいのです。
これだけでもかじりたい~
カキ氷、ソフト、みつまめにいれるトッピングです。
 

 
とても安い価格で本物の味を提供してくれてる角屋の2代目のおじさん。
寡黙ながらも、親切で温かい方でした。
 
このお仕事、仕込から始めるので、かなりの時間と労力がかかります。
おじさんいつまでも元気で角屋続けてくださいね!

同時に後継者が育ってくれること期待してます

コメント