一本松と12.5mの防潮堤~陸前高田市

先月末に生協のボランティアバスでお邪魔しました陸前高田市。
 
行政と被災者の温度差も激しくあると感じました。
「行政!どこ向いてお金使ってるねん!」
 
レプリカの一本松に1億5000万円
50年しかもたない12.5メートルの防潮堤に245億円

そんなに高い防潮堤なら津波が来たかどうかもわかりません。
今回の津波は高いところでは18mにも達しています。
語り部の釘子さんも住民も5.5mの高さでよいといわれてます。
しかし国の意見は違います。
 
仮設住宅にはまだまだ沢山の方達がおられます。
陸前高田の仮設住宅に居られたお年寄りのお話では、
1人暮らしは4畳半だそうです。
冬はコタツを置いたらもうそれでいっぱいだそうです。
ストレス溜まります。
 

これだけのお金があれば、
もう少し被災者の心も安らげるようなことも出来ると思います。

 
自然災害の多い今の日本列島、
誰が同じ状況になってもおかしくないと思います。

こんなときだからこそ机上仕事ではなく、
住んでおられる方の立場に立った行政を期待します。
 
トラックがひっきりなしに走っている陸前高田市内。
震災で仕事をなくされた水産会社の元従業員達が、トラックの運転手はじめ、
復興の仕事に転職されたそうです。
しかしこれもあと2年で仕事がなくなるそうです。
 
まだまだ復興は遠い。
そう話された、語り部釘子さんのお話が心に残ります。
 
 

 


 
 
 
 

コメント