走れ!びわこ号~そして旧3000系特急ラストラン★京阪電車

自動音声アナウンスになるまでの京阪電車アナウンスは、
独特の言い回しがありました。今ではやけに懐かしいそのアナウンスを
中川家礼二さんがされてます
 
 
そんな味のある京阪電車ですが、最近はスマートな京阪電車のイメージになりました。
列車もお洒落、そして、座席が心地よく寝てしまいます。
今日も、仕事帰りに特急乗って、爆睡でした…
 
しかし、味のあるイメージを復活させるイベントがありました。
寝屋川市は、京阪電車とタイアップし、京阪電車寝屋川車両基地に保存されている
往年の名車「びわこ号(60型車両)」を市民の力で復活させる
京阪電車寝屋川車両基地びわこ号復活プロジェクト」に取り組まれています。
平成26年度における車両基地内での復活走行を目指して!

 
そのイベントとして、びわこ号復活プロジェクトのアドバイザー中川家 礼二さん、
斉藤雪乃さん(タレント)、そして京阪電車社員によるびわこ号トークショーがなにわ橋駅構内で開催されました。
礼二さんは、守口市出身で最寄り駅は古川橋だったそうです。
京阪沿線の話をかなり熱く語られてました。
他の電鉄会社のイベントに呼ばれても、京阪電車の車掌の真似をされたり、
京阪沿線を笑い沿線に変えて話されていました。
 
びわこ号ですが、私も寝屋川基地のレイルフェアで車内に入らせていただきました。
この列車について京阪電鉄側からのお話もあり、
足回り、制御周りから詰める必要があり、今、優秀な技術者と共に
取り組み中だそうです。
 
基地内での走行の際の車掌は,礼二さん
 
入り口にはびわこ号の写真も展示されていて、
撮影時に、
「これは40年程前に僕が撮った写真です。」と、撮られた方との出会いも新鮮でした!
 
基地内を走る際は是非見に行きたいプロジェクトです。
出発進行!びわこ号
 
旧3000系特急情報)
日本で初めてカラーテレビを搭載した旧3000系特急車は、いよいよ今年の3月にラストランを迎えます
既にラストランの乗車券は売り切れでした
 

コメント