深夜の帰省

義母が老人ホームに入居後,水道は止めたので宿泊は出来ず
今朝は3時起きで田舎に帰省
 
準備が出来てなく、後片付けもしていたら就寝時間は2時半…
7時にはお坊さんがお参りに来るので、それまでには到着しなければならない。
 今は無人の家に。
 
出発、今日は大雨、雷…
辺りはまだまだ夜。
通行止めニュースが流れるたびに冷や冷やであったが、何とか予定時間前に到着。
 
無人になった家の掃除も覚悟していたが、
近くに住む親戚が掃除や家を開けに来てくれていたので助かる
お坊さんにお経もあげていただき、お墓参りも済み、
義母がいる老人ホームまで約1時間車で行く。
元気なときには、ご先祖さんのお迎え団子など作り、
田舎特有のお盆対策をしていたのに、
今は、お盆とお坊さんは義母にとり俗世間のこと。 
お盆やったんか~~~と
 
施設の方達、そこのお友達に親切にしていただいていて、
行く度に元気になっている様子
アルツハイマーも、個人ごとのプログラムで、
入る直前より少し改善されているのが嬉しい。
 
個室なので、相変わらず図太い嫁で、子供たちと寝てしまう
本当に居心地よい老人ホーム。
都会のように価格も高くないし、将来本当にこんなところに入りたい。
 
それでも睡眠不足は続き帰りの車で爆睡。
簡略化の我が家でもご先祖様へのご挨拶は欠かせない
 
 
 

コメント