やっぱり教育委員会…

当市の教育委員会、数年前の小学校廃校問題時の対応が、
大事な子供達を預かっている意識がないとしか思えないような机上発言ばかりで、
保護者は怒りのみ
廃校賛成派で本来教育委員会と同じ方向を向いているはずの市会議員の重鎮までもが
「教育委員会は先生と公務員集団でアホ!」とまで言ってた。
 
先週役員のために動員がかかった講演会に夜行った。
講演者は教育委員会の1人で、何らかのいいお話が聴けるかなあと思ったが、
お話の内容は幼稚園から小学校低学年の子供を持つ親むけやん!
信じられん!ここは中学校やで!!今更、中学生を持つ親に言ってもらっても…と言う内容で、
後の分科会も、皆同意見…
 
やっぱり変わってなかった教育委員会。
貴重な時間返して!
 
英語のスペルをよく間違えていた英語の先生はじめ、
若い先生が意外と沢山この4月に新たな道を探すと言って退職されていた。
残っておられる先生方は一生懸命生徒と向き合っておられるように思う。
 
しかし教育委員会って本当に必要なのかと再認識した講演会であった。

コメント