防衛、大変やん!~相談員委嘱式にて

よく見る日本地図を、
北にある北海道を左に回し、九州が右になり、
下に大陸を置くと、ロシア、北朝鮮、韓国、中国、台湾を
日本が塞いでいる形になります。
今更ながらに凄い絵!ゾッ
 
その間には北方領土、核ミサイル、竹島、南北朝鮮統一、
尖閣諸島、他国による潜水艦海峡通過など、
普段耳に入るニュースが起こっています。
 
この地図を昨日、自衛隊資料で見せて頂き、改めて日本国防衛の大変さを、
素人ながらに感じ、ショックを受けました
 
最近では、最後の砦自衛隊として、
災害派遣で自衛隊員さんが一生懸命活動されていましたが、、
近隣諸国に対しても、防衛と言う本来の仕事を、手薄にせず、
やらなければならないのは、とても大変な任務と感じます。
 
そんな中、昨年の0.9%減と言う防衛費。
そんなことわかってるのかわかっていないのか不明の大臣の給料減らしてでも、
減らしてはならない防衛費と素人は思うけど…
 
そんな自衛隊員が日本を普段は見えないところで守ってくれています。
最後の砦だからこそ、本人は勿論、大事に育てた親の気持ちは複雑だと思います。
しかし、災害活動をされている自衛隊員の姿を見て
自衛隊を目指している若者も沢山おられます。
北河内7市の募集相談員委嘱式で挨拶された大東市長も
そのような若者やお子さんの事を話しておられました。
 
私自身は全く自衛隊と無関係のところから始まった女性防衛モニターでしたが、
自衛隊に触れるたびに、頭の下がる思いと、
温かい人間性を隊員さん達から沢山感じました。
私のように全く無関係の立場のお子さんたちを
少しでも自衛隊員さんと話すことが出来ればとの思いで、
今回募集相談員をさせていただくことになりました。
 

委嘱式は、市長や大阪地本本部長はじめ、
そうそうたるメンバーで、緊張の委嘱状授与でした。
募集相談員はイメージ的にはかなりご年配の男性のイメージがありましたが、
やはりイメージ通りでした。
懇談で近くに座っていた人達に名刺を頂きましたが、凄い肩書きの方達
80歳を過ぎてもなお凄い肩書きと頭の回転は素晴らしいと思いました。
初心者の私に、親切に色々とアドバイスもくださいました。 
 
その中に、廃校阻止でよく通った議員会館でやり取りしていた、
一見堅物の重鎮市議もいました。
結局廃校になったけど、この重鎮のお陰で信号機がついたり、子供の安全が確保された
恩義のある市議です。
まさかその市議も同じ募集相談員で、
一緒の写真に納まるとは思わなかった委嘱式でした。
 
自衛隊に興味のある小学校から大学の若者、決して自衛隊は、
怖くて遠い存在ではありません。
気軽に質問されたらいかがでしょうか。
事務所によって違いますが、人数が揃えば基地見学などもしてくれますよ。
 
 
 
イベント参加も楽しいですよ!
私は同期が管理しているこちらのブログを参考にさせてもらってます。

コメント