ほめられ香りだし~七日粥、山菜ご飯

今日は、一年の無病息災を願って七草粥を食べる日であった。
しかし、七草がなかったので、冬野菜とお餅を入れて、
七日粥となった
 
このお粥、家族に大好評!
お粥自体好きでなく、何かと難癖
つける夫も、美味しい!と。
本当に美味しい!自画自賛
 
しかしこの美味しさには、秘密があった。
これ!
 
マルモさんの「ほめられ香りだし
ユニークなネーミング!
マルモさんは、かつお節の本場鹿児島で、
80年以上かつお節を作り続けておられる会社。
 
焼きあご(とびうお)と鰹節など素材の香りが上品に漂い、
調味料なども入っている。
したがって、私が味付けしなくても、とても奥深い旨みを、
手に入れることが出来る!
 
この”ほめられ香りだし”は、袋で出汁も取れるが、
袋から中味を出して、料理に使える。
冬野菜とお餅を入れた七日粥。
作り方)
1.袋から出した”ほめられ香りだし”を、水を入れたなべに入れて沸騰させ、
細かく刻んだ冬野菜を入れて柔らかくする。
2.ご飯をいれ柔らかくなったら、鮭フレークをいれる。
3.焼いたお餅と一緒に器にいれ、上から海苔を。出来上がり~
 
私は鍋に出汁をいれただけ。
しっかりと上品な味が付いている。
でかしたぞ!”ほめられ香りだし”さん♬
 

南日本新聞より
「第22回全国水産加工品総合品質審査会」にて水産庁長官賞受賞
 
”ほめられ香りだし”はあちこちでほめられておられました。
 
そして、もう一品、炊飯器に仕掛けているのは、山菜ごはん。
これも”ほめられ香りだし”を袋から出して入れる。
あまりの香りのよさに、袋から出すのにハマってしまう
明日の朝が楽しみ!
                      炊飯器仕掛け中
 
こんなに手軽で、上品な味のお出汁が自宅で出来るなんてびっくり
マルモさん、有難うございました

コメント