仏女ブロガー★出発~甲賀忍術村


 
 
仏女ブロガーは1泊2日の日程で滋賀県内を観光、
一日目は県教育委員会文化財専門職員が同行案内してくださいます。
集合地は草津線貴生川駅の湖南コースを希望 しました。
初めて乗車する草津線にわくわく。
午前中は貴生川を飛び越え甲賀駅まで行きました。                                                                                                              
                           
忍者の里の駅らしく
「甲賀駅トリックアート」が駅のあちこちに描いてあり、
立体的に描かれているので、本当に忍者が飛び出してきそうでした。
 
 
ここで遊びたかったのですが、限られた時間なので、それは諦め
甲賀の里 「忍術村」にGO!
 
電話をすれば、忍術村から車で迎えに来てくれます。
甲賀駅から車で約10分で忍術村に到着。
 着いた所は裏口とのことで、裏口入村です
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ここが裏口か表玄関かもわからないような、隠れ里になっている村です。
まさに甲賀忍びの里です。

入村料大人1000円(今現在、パソコンで100円割引券が出ます。)払い、入村。
右には、茶屋があり忍術カレーなどの隠里らしい雰囲気とメニューです。
 
しばらく行くと売店があり、ここにいるお兄さんにお願いしたら、

からくり忍者屋敷を案内してくれます。
 
囲炉裏を開けると抜け穴になってます。  
 


→ 

 
 

 掛け軸を動かすと抜け穴です!  
 
 
 
天井裏から玄関の様子が伺えます。
 
他にも面白い仕掛けいっぱいの忍者屋敷でした。

 

甲賀忍術博物館には、多種類の手裏剣、錦絵、万川集海等の忍術資料はじめ、
忍者が薬の調合をしていた、たくさんの薬袋、薬を調合する鉢なども展示されてました。
忍者は薬剤の知識も豊富で、まさに、文武両道ですね!
 

 
 
 

 

 

 
 
ここには甲賀大黒天と言う、
なもしれずに死ん
でいった忍者たちを祀っている神社もあり、
甲賀大黒天は木造日本一の大黒様です。
 


忍術村HPより
 
秋の虫の音が聞こえ、忍者が本当に潜んでそうな静かな村でしたが、
土日祝は、家族連れなどで、賑わうそうです。
貸衣装もあり、今日も数人、かわいいお子ちゃま忍者発見!!
 


 

 
   
手裏剣道場では、8本300円で投げれます。
体験時間がなかったので、無理にお願いし、忍者兄さんに投げてもらいました。
お兄さん曰く、
「写真撮られるなら、もっと肩慣らししとけばよかった!」(笑)
充分お上手でしたよ~~
 

忍者の衣装も見せてくださり、やはり忍者らしく細工入りでした。
手裏剣、小道具(?)を入れるポケットも隠密(笑)に付いてます。
 

自然いっぱいで、本当に忍者が出てきそうな味のある、隠れ里でした。
 


 
 

 
 
忍たま乱太郎、ハットリくん、赤影、白影、青影…色んな忍者がいましたね。
領主に仕え隠密行動をとる忍者に、ひそかにあこがれた方も多いと思います。
好きな忍者によって、世代もわかるので私の好きな忍者は、忍たま乱太郎!としときます
 
忍者の貸し衣装も色んな色があり、興味深かったのですが、
私一人で忍者の衣装着て水グモ池に出没したら、
水から出たイノシシと間違えられ、撃たれそうですね
 
静かな村には野外ステージ、野外バーべキュー、手作り道場など、ここで一日遊べそうです。

 
仏女ブロガー集合時間が迫ってきたので、
また来た道を車で送ってもらいました。
 
忍者の素顔はこの辺りのお百姓さんだったそうです。
忍者は薬の調合をしていたので、この甲賀あたりは薬会社が多かったです。
駅に建っていた忍者は、やはり薬を調合している忍者でした。
 
いよいよ貴生川駅へ草津線でGO! 
  
          

                                                   (続きます

 
 

コメント