面白い!!競艇 ~ 住之江ボート

昨日は二つの当選イベントがあり、当初予定していたイベントから
急遽初心者ボートレース教室に変更。
土壇場だったので一人で行くことになるのかなあと思っていたが、
友人がご一緒してくれた。
しかし、結果は友人共々競艇の面白さに、はまり込んでしまった
 
ボートレース場に集合してマークツー招待席に入る。
 
3階のガラス越しに競艇場が眼下に見える。
ここなら日中、紫外線を浴びずに、心地よい温度の中、観戦できる。
 


 
 
 
まず、初心者講座から。
 
司会は元吉本所属の方。やはり話のテンポが心地よい。
出走表の見方も、教えてもらわなければまったくわからなかった。
この出走表、マニアなら一日中眺めれるといわれるごとく、
眺めだしたら楽しいかもしれない。
 
そして現役ボートレーサーの藤山雅弘選手 の登場。
競艇選手になるためには、競艇選手養成学校の試験に合格する必要があり
学科試験・適性試験・体力試験など多岐に渡る難関試験で倍率は50倍だそうで、
それを突破すると、競艇選手になるための訓練生になることができるらしい。
その訓練も大変でやはり何名かはやめられるとのこと。
ビーバーのような可愛い、年齢は息子のような藤山選手、
応援するで!!

ピット見学でも藤山選手が展示ボートに乗って、
正座から始まり、どのように重心を移動するか実演。
すごい角度で曲がっていて、これが
水の上なので選手達はすごいことをされている。こわ~
私なら間違いなく、ドボンやろなあ
せn
ボートとエンジンはガラガラくじで決まるらしく、ここでは最強のプロペラ作りをするために選手が
とんとん打っているところ。(左の茶髪が藤山選手)
 
友達としっかり藤山選手とのツーショットの写真も撮ってもらう
 
 
 
軽食は美味しいサンドイッチ!
また予想ゲーム大会もあり、
初心者ではないやろ!と思われる方たち多数。
プラス、自分たちでも舟券を買い、
レースが始まるたびに窓側からレースを見る。
 
結局100円が280円になったのが、後は全部負け…
 
 
競艇はおじさんのスポーツだと思っていた。
しかし、美男美女選手も多く、
若い人たちもファンが多い。
おばさんもすっかりファンになったし。
 
締め切り時間があって、それまでに出走表をみて、
舟券マークシートにチェックし、
券売機に走り、お金を入れるも
マークシートのどれかのチェックが抜けていると受け付けてくれない。
司会者も言ってたが、これをやっていたらボケない!
同感同感、マークシートのチェックだけでも神経ぴりぴり。
初心者教室終了後、レインボーカードはじめ次回楽しめる貴重なお土産を頂く
 
 
下に降りて、レース場横の観覧席で見る。
やはり目の前で見るほうが、音、水しぶき、選手の様子、すべて臨場感があり、
とても興奮。
夜の帳も下り、風が心地よく水辺でマイナスイオンを受けて、
疲れた心身を癒すにもちょうどよい。
100円の入場料で入れ、近かったら毎日通いそう。
 
本当、楽しい初心者ボートレース教室であった。
選手と一緒にボートに乗れるイベントもあるらしい。
時速120kmで水の上を走るので怖いらしいが、
選手と一緒ならちょっと体験したいかも
でもおばちゃん前に乗せるの嫌かも~~
 

 

コメント