当たり前に感謝!

便利な世の中に大きな警鐘を鳴らした大震災、そして原発事故。
普段当たり前だと思っていたことがストップしてしまうと、
一緒にストップするのではなく大きなマイナスになる。
失って初めて感じる当たり前の有難さ。
大震災で被害にあわれた方に比べたらまったく問題にならないが、
当たり前に稼動していた私のノートパソコンが
一週間ほど前に、いきなりダウンしてしまうのは想定外
 
その間、パソコンで提出しなければならないものが重なり最悪…
ネットはモニター専用にしていたもう一台のこのパソコンでいけたが、
メールはじめ沢山の重要事項が大変なことになった。
バックアップはすべてとっていなかったし…。
 
今日、会社から帰ってダウンパソコンをつけると
息も絶え絶えに何とかついてくれ見れた
ネットは出来なく、バックアップを取るためのソフトにも反応してくれないので、
結局、手書きで大事なものは写し取る事に…
アナログが一番確実か…
 
アンケートやモニター提出期限はすでに切れていたもの多数…、
今年1年せっかくモニターに選んでいただき、
本番前に何度もメールを頂き、私もがんばろうと思っていた所にも迷惑をかけた。
まるでスタート位置でこけてしまったランナーのよう。
 
公私共にパソコンは必須アイテムであるが、
当たり前に感謝とアナログが一番なのかもと、
改めて感じたパソコンダウン騒動であった

コメント