自主制作映画「星」&昭和レトロの異空間

去年、エキストラに参加させていただいた「星」
完成しなかったのかなあと思っていた矢先、
監督さんからメールを頂き、
エキストラ出演者を対象に先週末試写を開いてくれた。

場所は天劇キネマトロン

 

ここが映画館?と蔦が絡まる佇まいに驚いた

監督さんは、これからこの映画を売り込みに行かれるらしい。
ビックリした事は、素人のエキストラの私の名前まで最後の字幕で流れていたこと

若くて可愛い三上監督は

 
撮影時から感じたがエキストラも大事にしてくれる方で、
一緒に製作させていただいたような気分になる。

そして、この上映された建物は、昭和の時代に人が実際住んでいたところ。


昔好きだったかぐや姫の「赤ちょうちん」の世界が広がっているような、
ここだけ時間が止まっているような場所。
喫茶店もあり、ここも昭和レトロそのもの。
 
昭和を感じにまたここに来たい
この場所を発見できただけでもラッキー。

そして去年同時期にエキストラをさせていただいた
竹内力さん主役のVシネマの「影の交渉人」をやっと先日レンタルして見た。

エキストラした本人しか分からない場面であったが、
切れ切れ撮りがどうしてあんなに上手く繋がるのか!
素晴らしい職人技♪
映画製作はみんなの協力無しには出来ないと
以前講演で中島監督が言ってたが、それぞれの担当が実力発揮で完成品にする!
凄い!
でもお金もかかる
自主映画「星」の三上監督頑張れ~~と思った。
 
絶えず、頭の中が切れ切れの私には
想像を絶する映画作りの作業

コメント