SP~感激のエキストラ

今朝、家を出るときに、
まさか高畑淳子さんと話すとか、
渡瀬恒彦さんに手が当たり、
目が合うなどと思っていなかった。
大物と呼ばれる俳優さんが来られることすら知らなかった私。
 
今日のエキストラは、皆さん愉しんでください!というのがモットーで
若い助監督さん、優しそうな監督さんを筆頭に
凄い数のスタッフに囲まれ楽しい雰囲気で撮影は進んでいく。
2時間のサスペンスドラマの特別番組で、
沢山のエキストラを分けて撮影。
 
そしてお昼はロケ弁。
タップリ入っていてお腹いっぱいで午後からは睡魔との戦いとなる。
午後からの収録時、後で並んでいたら、
私と隣の人に、
「ここから先頭に行ってください」と言われ、
行くと、役者さん達の隣。
一番前に行きたかったらしい若い男性がそっとその場所に入ったが、
その方は結局後ろへ追いやられる
 
エキストラも演技を求められ、
そのときの演技で渡瀬 恒彦さんに手が当たり目が合った
勿論渡瀬 恒彦さんは仕事なので見ただけで、

な絵文字使っている変な奴はいるとは思ってないやろが。
 
その後、収録が済まれた高畑淳子さんが楽屋に戻る前に
後にいた私達と目が合い、話しに来てくださった
とても気さくな方で、同じ目線で話してくださる凄い方!
 
私は話しの展開が気になり、終盤、傍観者になっていたら、
ここはカメラには映らないと映るほうへスタッフに追いやられる(笑)
勿論人垣の一番後ろなので映ってないだろう。
撮影は切れ切れで、展開はわからなかったが
これをつなげられてドラマにされるスタッフは凄いと感じた。
番組放映時は、役者さん以外は
エキストラ本人しか自分を認識できないだろう
 
何度か顔をあわせたことのあるエキストラの達人達とお友達になり、
裏話と武勇伝をお聞きする。
連日のようにエキストラをされている。
老若男女問わず、エキストラ大好きな方達のお話はとても興味深い。
今日は男性のエキストラも多く、人気番組はそのようになるとのこと。
予定より約4時間も早く終了し、ラッキー!
映画製作とエキストラをされている方から名刺まで頂き、
楽しいことと冥途の土産探しは続く
 

コメント