皇居参観

東京の二日目をどう過ごすかで悩む。
私の第一希望はTDL。
しかし、半年もたっていないのに、
既に2回行っている私。
スキー行ってる娘も行きたいだろうし、諦め、
笑っていいとも観覧希望の葉書を出す。
しかし、落選。
と同時に皇居参観もネットより、予約していたので、
そちらに行かせて頂く。

メトロに乗り二重橋駅で下り
集合地の桔梗門に行く。
既に沢山の参観希望者が集まっておられ、
いよいよ桔梗門を皇宮警察が開けれくれ、
中に入る。

宮内庁の職員がみなの先導してくれ
始めに窓明館に。
ここでは映像を見せてくれる。
その後、参観コースへ。

元枢密院庁舎~富士見櫓~宮内庁庁舎~宮殿東庭~二重橋~伏見櫓~山下通り~蓮池濠~

1/2と12/23の祝賀行事に立たれる宮殿。
あそこにお立ち台を置かれてお手を振られるのか~
と思うと感慨深い。

南車寄せは主に外国人の方用で
今日も二つの国の大使任命式が行われていた。
勿論式の模様は見れないが、皇宮警察に囲まれて南車寄せに着いた
大使を乗せた車を見れたのはラッキーであった。
でも宮内庁職員によると、馬車のときもあるので
ちょっと残念だったそうだ。
馬車か車は大使が選べるそうで、
今日はミゾレ交じりの天候でやはり車を選ばれたのだろう。

北車寄せはシャンデリアが外から見ることが出来、
主に日本人用で、
両陛下の撮影、記帳、組閣の記念撮影などが行われる所で、
テレビでしか見たことがなかったので
な~~るほどとの思い。

案内してくれる宮内庁の職員の方々は気さくで
とっつき易い方。
テレビで見る侍従さんたちのイメージがあったので、
凄いギャップ。

強面のお兄さん3人組も一緒に参観してて、
当初ビックリしていたら、
最後に付いて、職員に質問されてる。

『バイクに乗ってる人達にはどうしたらなれますか?

”皇宮警察の試験を受けてください。”

『選ばれた人達ですか?』

”普通の人達です。”

とても質問内容が興味深い事だったので、
なるべく強面の人達の近くにいた私。

また傘にハンカチを結んでいて
蓮池濠周辺で落とした私。

もう戻れないので諦めて出口に向かっていたら、
年配の宮内庁職員が息を切らせて、
お待たせしました!といって拾ってきてくれた。
とても親切な宮内庁職員さん。

皇室の方の息づかいが聞えてきそうなぐらい
近くにいると言う嬉しさと、
宮内庁職員の方の気さくさとを感じた
皇居参観であった。

 

コメント