もう一度見たい~THIS IS IT~マイケルジャクソン~

この映画を見るまでずっとマイケルジャクソンを
先入観により誤解していた私。
なんて勿体無いことをしていたのだろうと思う。

今日友人5人で見に行く。
マイケルジャクソン大ファンの友人は二度目である。

これは幻となったロンドン公演の監督を務めていた
ケニー・オルテガが映画も監督。

2009年4月から6月までの時間の流れを追いつつ、
本人の記録のために残された百時間以上にも及ぶリハーサルと
舞台裏の貴重な映像からなり、
ロンドン公演の最前列にいるかの様な臨場感を体感した。

ここでマイケルの素顔を垣間見た。
地球環境問題に取り組む姿、フレンドリーで謙虚、
若いアーティストに対する、温かいバックフォロー、
そして、音楽の感性の素晴らしさは言うまでもない。

スタッフたちに愛してるよ、マイファミリー、
全然殺伐としていない、温かい言葉かけとパワー全開のリハーサル。
友情と絆。

今この映画をみて、初めて凄いエンターティナーの死を悼む。

また見たい映画である。

コメント