古見屋の田舎羊羹~岡山

餡子大好き!
羊羹も勿論大好き。
以前も福井県の友達が
冬のお土産にくれた羊羹。
冬の間しか販売されず、
コタツで冷たくてヒヤッとした羊羹を食べるのが福井の羊羹らしい。
それから時々お取り寄せするようになったが
福井展があれば百貨店でも売っているのが嬉しいヾノ≧∀≦)

そして最近食べた古見屋の羊羹

夏休みに当選したバス旅行で
どこか(直ぐに忘れる…)のインターに立ち寄った際、
レジ横にうっていた商品。
価格も500円弱と手ごろだったので買った。

今頃袋の底から出てきて、食べる。
約一週間、独特の方法で乾燥させ、全体の表面はかたく、
内面はしっとりとして小豆の風味のする懐かしい味。
(こしあんの羊羹に蜜漬け小豆が入っている。)
外のパリッに中のしっとりは本当に癖になる。

創業は明和元年1764年で、ずっとその製法を、忠実に今に伝えた味だそうだ。

明治以来天皇にも御嘉納されている羊羹

ネットで買えるので嬉しい!

コメント