大飯原子力発電所バス見学会とエルどらんど~かんでんePatio

福井県にある大飯原子力発電所PR館と
発電所構内バスによる見学会

約1年半前、美浜原発の見学に行った。
同じようにPR館で関西電力の環境への取り組みや
原子力発電での電気の作り方などを
模型を見ながら映像で学習

ここ福井県の若狭地方にはあと高浜発電所がある。

若狭地方は地質や地形的な条件を満たしているとのこと。
1.地震に耐える硬い岩盤がある。
2.海が近くにあり、海水が豊富
3.まとまった拾い土地がある。
そしてなにより地域住民の協力が大きいとのこと。

アメリカ同時多発テロ以降、
テロ活動防止の為、
構内見学はバスからのみとなる。
そのバスに乗る際も、番号札を貰い
発電所前ゲートでは物々しい警備の下、
車内に入ってきた警備員が、番号札をチェックされる。
これは発電所を出る際も同じ。

以前から感じていることであるが、
使用済燃料を棄てる青森県の六ヶ所村にある廃棄施設が
とても気になる。
この調子で行って将来は本当に大丈夫なのであろうか。
素人の私はそう思ってしまう。
そんな事を思いながら、
次の目的地昼食レストランに向け大飯原発を後にする。

レストラン源氏到着。

その後、次の目的地
エルどらんどへ。

ここは自然と科学を身近に感じられるところ。
入り口には虫除けスプレーが設置されていた。
自然がいっぱいで、
とても見所の多い館内。

入っていきなり水槽に手を付けたら
手の掃除に来てくれる魚ガラ・ルファに
子どもとともにはまる。

その後科学体験。

なかなか楽しめた館内である。

その後バスは海産物お土産店を経由して、
赤松サービスエリアで休憩後、
終点難波へ。

目の当たりに見る
原子力発電所に
安全であれと感じた一日であった。

コメント