カレーの秘密体験キャンプ~大山

東京ディズニーランドから夜行バスで帰宅した次の日早朝出発のキャンプ。
体力の限界との勝負と臨んだこのキャンプ。

関西スーパーとハウスの協賛で当選。
毎年1泊2日だそうであるが今年は
関西スーパー50周年記念で2泊3日に。

このキャンプはリピーターが多く
とても人気のキャンプであると聞いていた

上のお子さんで参加されて下のお子さんでまた当選されて、
4回目という強者もおられた。
実際参加させてもらって、
母は懸賞大好きの集まりのよう。
懸賞の達人でマスコミ取材を受けた方から、
他の懸賞品の石垣島や、海外旅行から帰宅した方々、
凄い物品当選者の方々までツワモノぞろい。

このツアーのために
東京の小学館ボランティアリーダーの方々が
大山の現地には飛行機で、
新大阪の集合地には新幹線で、
それぞれ前日から泊り込んで
受け入れ準備を進めてくださっていた。

バス移動でのトイレ休憩も、
子ども達をしっかりと
リーダー達が見てくれる。
また宿舎での食事も
朝のバイキング以外は、

子どもはリーダー達と一緒に食べる。
親も安心して、趣味の懸賞の話に興じられる。

若いリーダー達は
面白おかしく、大事な事はしっかり伝え、
子どもにも親にも慕われる存在の方たちばかりであった。
皆さん他にも本業は持たれていて、
歌のお姉さんはじめ、
劇団の人達、大学生初め
色んな方が東京からボランティアとして参加してくださった。

2泊3日のプログラムは
出発のバスの中から目いっぱい盛りだくさん。

大山到着すも、
雨でどうなるのかなあと思っていたが、
そこは、プロのボランティアリーダー達。
雨天でも出来るプログラムで。

ハウスの方のカレー粉作りも楽しかった。
子供達は難しいスパイスの名前も覚え、
作ったカレー粉はお土産となり、
何に使おうかワクワク思案中である。

夜は霧も消え、
19度というとてもすごしやすい
大山の高原を、
グループ毎でナイトハイク。
本格的なお化けに扮した人達も登場。
…………
もう中身濃すぎ!!

2日目夕方まで晴れる。
収穫体験や

カレー作りもボランティアリーダー、
関西スーパーの方たち、ハウスの方たち、添乗員さんたち、子供達、親、
それぞれが一丸となって
楽しむことが出来た。
それぞれにニックネームもあり、
ニックネームで呼ぶ。
合間合間にサインも貰うヾノ≧∀≦)

火起しをしたり野菜を切ったり、
子供達もそれぞれの役割分担を遂行。
とても美味しいカレーの完成!

夜のキャンプファイヤーは雨で残念ながら室内で。
室内ではランタンによるキャンプファイアー
グループごとにスタンツも。
…………
盛りだくさん過ぎ!
最後は霧雨の中、合羽を着て、外へ。
そこではリーダーさんたちが
火のついた棒を両手に持ち、
それをくるくる回したり(トーチトワリング)
凄いダンスを私達にプレゼントしてくれた。
火のアーチをくぐり
宿舎に入る素敵な夜も演出してくれた。

3日目のプログラムも雨のため室内となったが、
とても盛り上がる!

昼食後は
関西スーパーの方と、
大山の自然の中を歩き

花の名前などを説明をしてくれる。
昨日は野うさぎと出くわしたとか
大山の大自然を体で感じた。

いよいよ閉校式。
涙…涙…の閉校式となった。

開校式にボランティアリーダーが言われた
最後は皆友達、家族になるとの言葉通り、
本当に素敵な仲間達に囲まれての2泊3日だったなあとひしひしと感じた。
自分自身予想外の心境であった。

大山は初めての訪問であったが、
宿泊地の休暇村大山鏡ヶ成もとても素敵な所であった。

帰りは蒜山の道の駅で買い物と休憩。

美味しい牛乳で作ったソフトクリームと
きなこのソフトクリームのミックスを食べる

勿論最高のお味。

このキャンプは自分の人生の中でも忘れられない
貴重な体験であった。
天候には見放されたが、素敵な仲間達を得た。
住所やアドレス交換もあった。
また自分自身もこのキャンプを通じて
別の視点を持てるようになった。

早寝早起きなので、
寝不足気味の私にはとても体調を整える
よい機会となった。

おそろいのTシャツにバンダナを見るたびに
素敵なリーダー達や一緒に過ごした人達を思い出すだろう。

コメント