鈴廣のかまぼこ

素材を活かして、天然素材・安心無添加。確かな技術でものづくり 

創業・慶応元年、鈴廣は味づくり一筋130余年。

【WEBサイトかまぼこの里】
http://www.kamaboko.com/natsu_itawasa/

魚のグッちゃんが大活躍!
美味しい蒲鉾が出来るわけを案内してくれる。

製造からお楽しみコーナーまで、
大人から子どもまで楽しめるHPである。
アニメなのがとてもかわいくて、子どもにもわかりやすい。

また今なら、トヨタプリウス等が当たる懸賞もやっている。
応募しようっと。

今回初めて知った鈴廣さんのかまぼこ

歯応えも良い。

形が日の出に似ていることから、
新しい門出の祝膳にと食されるかまぼこ。

そういえば、昔、冠婚葬祭の折箱には
カラフルで色んな形をしたかまぼこが入っていたのを思い出すが、
今はあまり見かけなくなったなあ。

赤は魔よけ、白は清浄を意味しているらしい。
お弁当にさりげなくいれていたが、
そのような深い意味があったのに驚く。

「海の国」日本に生まれた私たちのからだに
良く合うのは、やはりお魚からいただく上質な
たんぱく質。
こんなに手軽に良質のたんぱく質が摂れるなんて
とても嬉しい。

今回このかまぼこには
父の日にあわせて、
父の日シールが貼られていた。
付いていた柚子コショウの薬味もこの蒲鉾とあう

私は、小さい頃(むか~しむか~しではあるが)
蒲鉾大好きで板付きのままかじっていた記憶がある。
板はその後愛犬がかじっていたが。

今は流石に板付きのままかじらないが、
生のままわさび醤油をつけて食べるのが、大好きである。
この鈴廣の蒲鉾は天然素材・安心無添加でとても安心。
また板付きのまま、かぶりつきたい歯ごたえでもあり、
リピートしようっと。
次は焼きぼこを食べてみたい!

コメント