聖徳太子ゆかりの地をめぐる~大阪府立近つ飛鳥博物館~Ⅲ

大阪を半分に折って
北半分で生息していた私にとり、
南半分のましてやここ南大阪は
私の中では外国であった。

初めて訪れたこの博物館。
既に15周年を迎え、
安藤忠雄氏の建築物

として
国内外の建築関係の人にとっては
有名な建築物だそうだ。

以前も韓国の建築家たちが
閉館時間に来られて、
その前で夜を明かして開館を待たれたそうだ。

とても開放感があり、
変わった造りの建物だなあとは思っていた。

暗くて判りづらいが、
天井は黄泉の国を表現

外には横穴式石室が

トータルガイドをしてくださってる学芸課長もこちらの方であり、
私の愚問にも親切に答えてくださる。

古墳、遺跡に対して
自分自身少し見る角度が変わった

建物の前では
ボランティアの方が名産品のお店を出しておられた

ここで買った
この地の名産品いちじくを使った
ソースの味、とても美味しかった

リピートしようっと。
やっぱり食い気が一番の私…

コメント