2009年

明けましておめでとうございます。

昭和30年代生まれからしたら、
遠い年号の世界にやってきてしまったような。
2010年宇宙への旅と言うSF映画もあったが、
あと一年でその年号にも到達。

昭和時代に、あればいいなあと思っていたものが、
確かにいっぱい身の回りに溢れている。

でも人間は変わらない。
義母のアルツハイマーも薬で遅らせているものの、
止まってくれない。
懸案であった、義母が
いっぱい入らされた保険も
アルツと診断される前から
進行していたという事で交渉し、
少し前の保険は白紙に戻してくれるらしい。

義母の色んな契約はイタチゴッコ状態で見つけるたびに
解約出来る物は解約しているが、
ディサービスの話では、
発覚せずに、また発覚しても、そのまま入り続けて、
解約できない一人暮らしのお年寄りも多いらしい。

自分自身他人事ではない年齢に来ている。

定年がきたら、
生活が一変する日本の社会もおかしい。
内閣府のモニターをしているが、
そんなみんなの声が上がっていても
そこまで聞く耳を持ってくれていないのかと
現状を見て思ってしまう。
雇用や環境問題はじめ課題いっぱいの幕開けだ。

でも、個人的には、
やっぱり、楽しく!をモットーに
今年も色んな体験をしたいヾ(゚▽゚*)

コメント