お年寄りをカモにする~悪質勧誘業者~

明日からはアルツハイマーの義母が待つ旦那の田舎へ。
一緒にお正月を過ごすのと悪質勧誘保険を白紙に戻しに行くのと。

一人暮らしのアルツハイマーの義母は本当に色々なものを
買わされたり、契約したりしている。
ヘルパーさんは普通と様子が違ったら都度連絡してくれるが、
今回は契約更新をしてもらおうと
相手から電話が当自宅に直接入り発覚。
調べてみると、信じられない数の保険。

初期のアルツハイマーは一見してわかりにくいが、
性格もそれまでの義母とは異なる。
感情的且つ、プライドもかなり高くなっている。
それと同じ事をかなり言う。
一人暮らしは心配だが、田舎から出たくない義母の希望も含め、
仕方ない状況。

営業マンがきたら、プライドも高くなっているので、
一緒に話をあわせることが得意となる。
それで、簡単にだまされてしまう。
しかし、本人はそれを全く覚えていない。

新聞をにぎわす悪質業者が、身近に沢山居る事に驚く。
今回の保険は既に消費者センターには相談し、
明日はその悪質会社の所へ折衝に。

どこも不景気であるのはわかるが、
契約を一つでも多く取る為に、
一人暮らしのお年寄りをカモにするのは
良心の呵責に絶えられないのではないかなあと思うのだが…

コメント