海遊館~バックステージツアー

江崎グリコより当選した海遊館のチケットに
バックステージツアーもセットになっていた。

バックステージツアーは
普段入れない所から海遊館の裏側を覗く。
50人乗りのエレベーターで8階に。
入り口では防疫のため、
靴ごと消毒し、荷物はカメラも含め持って入れず、
ロッカーに預ける。

飼育員さんの合図で
ジンベイザメの海君と大君がやってきて、
オキアミ約二キロずつ
がま口のような口に入る。
ジンベイザメは約5000本の爪楊枝の先のような
細い歯があるが、食べ物をかむのに使わないらしい。
大きな身体なのに餌は、小魚やプランクトンというのも驚く。
マンタも同じ様に、オキアミを貰っていた。
一日二回だけの餌タイムであるが、
食後にくるくる回遊する回数を
飼育員は数えていて、
多かったら、まだお腹が空いている合図。
その日は我慢してもらい、
次の日の朝に量を増やして与えるらしい。
質問コーナーもあり、可愛いお姉さんが応えてくれる。

バックステージツアーが終わり、
館内へ。
生物は見ていても飽きない。

丁度餌の時間のペンギンに遭遇。
アデリーペンギンは順番に並んで餌を貰ってる。
オウサマペンギンは無秩序(に見えた)に
飼育員を囲み、貰っていないペンギンは
飼育員の手をかんだり、
目立とうと、足の下にもぐりこんで催促したり…
とても可愛い。
食後のメタボ対策??にか
飼育員が泳がそうと後ろから追い立て、
ペンギン達は次々に水の中に。
しかし、ここにも一匹、入水を嫌がるペンギンが。
落とされても落とされても這い上がってくる。
飼育さんも苦笑。
可愛い~ペンギン。

後大好きなくらげ、
また今は生物の不思議スコープもやっていて、
興味深い内容の展示物もある。
かわうその赤ちゃんもいる。
一日居ても飽きない海遊館である。
途中、館内にある海が見える喫茶店でソフトクリームを食べ休憩。

帰宅時間は、すっかり予定を過ぎてしまっていた。

コメント