裁判傍聴

裁判所の傍聴。

中学生の時に、一度行ったきりで、
今回二度目。

地裁と高裁を傍聴する。

裁判の多さにまず驚く。
事件事故は、日々
私達と隣りあわせだと実感する。

外国人の裁判には
通訳の方が居る。
被害者が怪我をしたら、自費で治療。
しかし、加害者が怪我をしたら、私達の税金で治療をする。

おかしい  被害者に冷たく、加害者に温かい日本の法律

留置場では、加害者は好きなものを食べれて、銘柄まで指定できる。
また、精神に問題がある診断書が出れば、凶悪犯も無罪になる。

そして、時には、弁護士の力如何で、
真実が曲げられて、結審することもある。

正しい事が正しいとは限らない

と実感させられる、今の日本の法律。

来年度から始まる裁判員制度で
変わっていくのだろうか。

裁判の傍聴に行くと
人生観が変わる。

これからも、御堂筋方面に用事があるときは
傍聴に寄りたい。

コメント