映画~王妃の紋章~

高2の長男と映画に行く。
中途半端な時間だったので、直ぐに見れる映画にする。

王妃の紋章~

1000年以上前の、
中国の華やかな唐を時代背景に、
豪華な衣装と金を基調にした煌びやかな色彩。

菊の節句、重陽節の重さをこの映画で理解できた。
王宮の下一面の黄色の菊。
闘いの場面の黄色い菊と兵士の黒のコントラストが圧巻。

外見の絢爛豪華さと内部の腐っている家族、
その秘密が複雑に入り組んで
最後まで引き込まれてしまった見ごたえのあった映画である。

王妃のコン・リーの美しさと気品も
印象に残った。

コメント