試験監督の仕事

二週続けて試験監督の仕事をした。

一度目は、国家試験の監督。
160人の受験生の監督を三人で。

かなりの人数が全国で受験する試験。
年齢差もかなりある。

回答用紙、問題用紙の配布、
トイレに立つ人の付き添い、
後半30分間は途中退席できるので
挙手して立つ人のフォロー…

最近の試験の受験番号記入はマークシートが多い。
マークシートに慣れていない人もいる。
挙手してくれた人にはマークシートのフォローはしたが
回収後、マークシートを塗っていない人が数名いた。
でも名前と番号があればこの試験は大丈夫と後で聞きホッ(*^-゚)

そしてもう一つの監督は大学受験。
兵庫県に本校がある大学の大阪会場の監督。
これは大学の先生と一緒に監督する。
流石に、マークシートの受験番号を塗りつぶすのを忘れている生徒はいない。

受験勉強の成果を一生懸命解答用紙に向かって書いている。

英語、国語、数学の三教科。
とても真面目な姿の受験生ばかり。
(受験だから当たり前?)

生徒とともに緊張した二つの試験監督であった。

コメント