2008年

新年明けましておめでとうございます。

この前2007年が開けたと思ったらもう2008年の幕開け。
最近特に早過ぎ~

毎年、殆ど年末年始は主人の実家。

今年は高1の長男が年末ギリギリまで
スキーや生徒会活動あり、私と遅れて年末帰省。

私の車はスノータイヤがないので、仕方なく電車で。
乗り慣れない山陰線。

車内温度を保つ為、降りる時にドアは自分でボタンを押し開ける。

また駅により、前の車両しか乗降できないことも。
なんだかドキドキ。

ワンマンカーなのに、どこから乗ってきたのか
切符確認の車掌さんが車内を歩き回る。

ある駅で止まったときの事。
対向電車待ちで約5分ほど止まるとのアナウンス。
すると、おじさんが携帯を手に電車を降りホームで電話。
と、あろう事か、ドアが閉まり、電車はホームを離れる。
その時のおじさんの悲壮感漂う顔。
車内にはおじさんの荷物が…

同時に、「あほやなあ」と車内からおじさんを見て失笑が起こる。
忙しい年末にかわいそうなおじさん。
勝手が分らないこの線のドキドキ感がよみがえる。

あのおじさんと荷物は無事にどこかで出会えたのだろうか…

無事私達は目的の駅で降りる。
車で迎えに来た主人達と合流。

主人の田舎では義母が注文してくれてたおせちを。
痴呆が進んでいて不安。

2日は雪が降っていて、早めに帰宅。

自宅マンションはやっぱり温かくてホッ(*^-゚)v

コメント