すがぽんさん(水と油)とパントマイム体験 in KPO 

今日は、楽しみにしていたパントマイムの体験に小三の長女と行った。

場所はKPO(キリンプラザ大阪)で、KIRINの芸術文化支援活動の一環として

親子で体験できるということであった。

まず初めに、すがぽんさんがパントマイムを見せてくれた。

帽子と背広を片方の肩にかけて腹話術のように一人で二人の人物を演じる。

かなりの迫力で度肝を抜かれる。

四方の壁が迫ってくる演技もリアルであった。

侍が切腹するが体中斬っても死なず腸を引っ張り出して縄跳びや風船を作ったり。

その風船を膨らましたり飛ばしたりのブラックユーモアたっぷりの演技。

すがぽんさんが大きなその風船を投げると会場の子供が打ち返す。

何もないのに、みなの目には風船が見えてくるのです!

その後体操をしたりマイムに入る準備運動をしました。

人間ローラーをして知らない人と笑いあったり、大縄飛びをして子供達たくさんが引っかかり、

これで終るのかと不安になったら、次は縄無しで縄があるつもりでとんだり。

壁の演技は手と足の動きが反対になり、頭と身体が連動せず、自分のアホさを実感したり…

首を動かさず顔を動かす動作も中中難しい。

マイムは観察力と想像力が必要だそうです。

プラス、頭脳と運動能力も必要な奥の深い芸術だと感じました。

なんといっても、すがぽんさんが、優しくて楽しく、かっこいい!!!

絶えず笑いを探している大阪の子供とオバちゃんオッちゃんの心鷲づかみy(^ー^)y

観察力皆無も実感した私ですが、

今日習った壁と首の演技は是非復習をして

マスターしたいです。

最後は一緒に写真撮影もしてくれ、その写真は宝物となりました。

子供達の笑える質問にも気軽に応えてくれ、笑いジワが増えた本当に楽しい一日でした。

すがぽんさん、KIRINさん、有難うv(*^-^*)ゞ*'゚

コメント